産毛は剃らずに脱毛をするほうが良い

ムダ毛処理において、産毛くらいならカミソリで剃ってしまおうということで、自己処理をされる方もいます。

しかし、産毛は薄いこともありますので、簡単にできてしまうことはありますが、どうしても除毛ですと次に生えてきたときの毛の断面が目立ってしまい、剃る前よりも太くなってしまうように見えてしまったり、目立ってきてしまうというデメリットがあります。

痛みも少なく照射範囲が広いサロン脱毛が◎

もちろん産毛が生えているところは、比較的皮膚が弱いところでもありますので、カミソリによるお肌へのダメージも気になるところです。

そういった問題を回避するためには、脱毛という方法がおすすめです。特にサロンで行う脱毛は、フラッシュ方式で行われていますが、照射できる範囲も広いこともありますし、時間もかけずに施術を受けることができ、さらに痛みも少ないというメリットがありますのでおすすめです。

気軽に相談してみる事からはじめてみましょう

脱毛サロンは色々ありますので、プランであったり、支払の方法、また通いやすさ、予約の取りやすさなども考えて選んでいくことをおすすめします。そういった時に、人気ランキングであったり、口コミ評判も参考にしていくと良いでしょう。

ほとんどのサロンで、お肌のチェックであったり、カウンセリングをきちんとしてくれるということがありますので、まずは気軽に相談してみる事から始めてみましょう。

産毛を剃っていくことで、デメリットが出てきてしまうこともありますし、できるだけ脱毛という手段で行った方が良いでしょう。

カウンセリングをきちんと丁寧に行ってくれる鹿児島の脱毛サロンをみる

脱毛施術前はムダ毛の剃り忘れに注意

医療機関やエステサロンで脱毛施術をする人が増えていますが、施術でムダ毛が抑えられる仕組みをご存知でしょうか。

医療機関で主流となっているレーザー、エステサロンで主流となっている光による施術は、黒いメラニンに反応するレーザーや光を照射することで、毛の生えるもとにダメージを与え、次に生える毛を細く薄くすることができる仕組みです。

どちらも毛周期という毛の生えるサイクルがあるため、1回の施術では完了しませんが、レーザーのほうが効果が高く、永久脱毛できる威力があります。

施術を受ける日1~2日前までにムダ毛を自分で剃るの必須

施術を受ける前は、日時を予約して出向きますが、その際にムダ毛の剃り忘れに注意しましょう。施術場所によって異なりますが、予約日の1~2日前、少なくとも前日にはムダ毛を剃っておくように言われます。

その理由は、肌の表面にムダ毛が残っていると、毛の黒い色にレーザーや光が反応し、やけどや炎症が起こってしまう可能性があるからです。

ですから、ムダ毛の剃り忘れや剃り残しがあると施術を断られることや、その部分だけ施術ができないことがあります。

剃り忘れや、手が届かない所は剃ってくれるサロンもあるが有料の場合も

施術場所の中には、シェービング料無料ということで、剃り忘れがあってもムダ毛を無料でシェービングしてくれるところもあります。

ただ、シェービング料が有料であるところも多く、契約前にチェックしておくことがおすすめです。特に、背中やデリケートゾーンなど、自分でムダ毛を処理できない場所を脱毛したい場合は、シェービングを無料で行っている施術場所であるとコストがかかりません。また、自己処理する場合は、電気シェーバーがおすすめです。

毛抜きを使うと反応するメラニンがなくなり、きちんと脱毛できないので使用してはいけません。