脱毛にかかる料金はいくらくらいでしょうか

脱毛をする場合のコストは、いくらくらいかかるものなのでしょうか。まず自己処理の場合は、カミソリや毛抜きを使う場合は、その費用しかかかりません。前から家にあるのを使う場合は、ほぼ無料といえます。クリームやワックス、ジェルを使う時は、その分の費用がかかりますが、それでも1000円以内で納まることが多いです。

ただし、家庭用の脱毛器、それも性能が高いのを購入するのであれば、数万円、あるいはそれ以上になります。

エステやクリニックでの施術料金とは

それでは、プロのエステティシャンがいる鹿児島の脱毛エステやクリニックに通ってやってもらった場合は、いくらになるのでしょうか。

エステの方は概してクリニックよりも安く、中には数千円でやってもらえるところもあります。クリニックは保険が適用されないため、エステよりも割高で、両方のわき下だけでも5万円ほどかかることもありますし、他の部位とセットでやってもらうと、10万円、あるいはそれ以上かかることも珍しくありません。

ただしエステ、クリニックともキャンペーンを行っていることがあり、その場合の脱毛料金は割安になります。またローンを組むこともできます。

ニードル脱毛は都合がいい時に通えるというメリットも

それから、ニードル脱毛という方法もあります。これは針を毛穴に刺して、電気を通すやり方ですので、かなり痛むことがあります。そのため麻酔をすることが多いのですが、その代わり脱毛効果は非常に高いです。

またエステやクリニックのように、回数が設けられておらず、本数制や時間制になっていて、行きたい時に行くことができます。

料金はクリニックとあまり変わらないとされますが、自分の都合がいい時に処理できるという点では、メリットが大きいです。

脱毛をすると熱を感じやすい

ムダ毛の処理方法としては、かみそりで剃ったりクリームを塗ったりする自己処理が考えられます。

そのほか、根元から毛を引き抜く方法もあります。しかし、これらの方法は、いずれも肌に負担をかける可能性が高いです。小さな傷を肌表面に作ったり、毛根を傷つけたりします。自己処理には限界があり、肌に負担をかけても、次から次へとムダ毛が生えてきて、また処理しなければならなくなります。こうした手間や負担を考えると、プロに頼むのが賢明です。

知識と経験が豊富な、安心できるプロにお任せ

脱毛のプロは、エステや医療機関があります。信頼できるプロを探し、安心して任せましょう。施術の際は、光が毛にあたったとき、反応が起き、肌に熱を感じることがあります。この熱が傷みと受け止められることもあるので、注意しましょう。違和感を覚えたら、すぐに施術者に相談し、時間をあけて再度挑戦してもらうなどの工夫が必要です。

施術中に痛みを感じた時は我慢せずにスタッフに伝えよう

プロは、冷却機能の付いた機械を使っていることが多く、それほど痛みの心配は必要ありません。熱の感じ方は、施術した部位によって異なります。

わきやデリケートゾーンの場合、一本一本の毛が太いため、光の反応が大きく出る傾向があります。そのため、痛みを強く感じやすいです。

それに対して、うなじなどの産毛が生えている部位の場合、光の反応が弱いので、痛みはほとんど感じません。耐えられないほど痛かった場合には、麻酔クリームなどを利用して丁寧に施術を進めていく方法もあります。輪ゴムで軽くはじかれた程度の刺激なので、安心しましょう。