脱毛するなら日焼け止めは必要です

脱毛をレーザーなどで行うときには、色に反応させてムダ毛を処理していきます。そのため日焼けした肌だと必要以上にダメージを受けてしまいます。普段から日焼けしないように肌を守って、施術を受けるようにしましょう。

脱毛当日はウォータープルーフタイプは避ける

施術当日でも紫外線対策は必要になります。日焼け止めも使ったほうが良いのですが、使用する種類によっては施術の邪魔になります。

色に反応させて処理していきますから、毛穴まで白くなっていると脱毛の施術をうまく進めることができません。毛穴に詰まりにくいものを選ぶようにしましょう。また施術前には軽く拭き取る程度の処理しかできません。

簡単に落ちないウォータープルーフタイプなどを使ってしまうと施術の邪魔になってしまいます。施術を受ける当日は、落としにくいウォータープルーフなどの日焼け止めは避けるようにしましょう。

脱毛後は肌に優しい紫外線対策を

施術を受けた後の肌も紫外線から守ることが必要です。しかもダメージを受けていますので、刺激は避けなければいけません。肌に優しいタイプの日焼け止めを持参するなど、紫外線対策ができるようにしておきましょう。

帰りの時間帯が夜になるようにするなどの工夫もおすすめです。脱毛をするなら行きも帰りも紫外線対策が必要です。

施術当日は簡単に落とせるタイプの日焼け止めを塗っていくことや肌に優しくて相性の良いものを持参することを忘れないようにしましょう。また、時間帯の工夫をしたり、衣類で肌を隠すなど、肌になるべく負担をかけない紫外線対策についても考慮しておきましょう。

脱毛した後は保湿と冷却でしっかりとケアを

サロンやクリニックで脱毛施術を受けた後も、ムダ毛の自己処理をした後も、大切なのはその後のケアです。脱毛した後の肌はとても敏感な状態になっており、適切なケアを怠ると肌トラブルが起こる可能性があります。乾燥や赤み、腫れ、かゆみなどのトラブルが考えられます。

脱毛ダメージを受けた肌は熱を持っています

アフターケアとして行うべきなのは保湿と冷却です。ムダ毛の自己処理をした場合は、ダメージを受けた肌にしっかりとローションや乳液などを塗って保湿しましょう。その上で、冷やしたタオルなどを肌に当てて冷やし、肌状態を落ち着かせましょう。

サロンでは光を照射して脱毛を行うため、施術後の肌は熱をもった状態になっています。肌が弱い人や、フラッシュの照射が強かった場合などは、赤みをもっていることもあります。

そのため、サロンでは、通常は施術の後に保湿液や冷却ジェルなどを用いて肌を冷やします。家に帰ってもほてりや赤みが気になる場合は冷やすといいでしょう。

また、施術を受けた当日は、入浴やサウナ、汗をかく運動は厳禁です。施術期間中は、普段から顔だけでなく施術を受ける部位すべてに意識的にジェルやクリームを塗って充分に保湿しておくようにしましょう。

アフターフォローも万全!安心して通える鹿児島の脱毛サロン特集

医療レーザーの場合は冷やし過ぎは脱毛効果が下がるので注意

クリニックでは医療レーザーを用います。レーザーにはいくつかの種類がありますが、中には冷却装置が備わっているものがあります。その場合はレーザー照射と同時に冷却も行われ、痛みやダメージが少なくて済みます。それでも施術後の肌はダメージは受けていますので、アフターケアは必要です。大抵のクリニックでは施術後には肌を冷やし、炎症を抑える薬などを塗布します。

医療レーザーの場合は、肌の冷やし過ぎは脱毛効果を下げるため注意が必要です。肌にこもる熱が気になる時は、濡れタオルなどでそっと肌を冷やすようにしましょう。